インターネットとゲームが大好きな元現場監督の日常:雑記帳

かーずのーと

おでかけ ランチ 茨城

笠間市にある「彩美亭」の超厚切りポークステーキが美味すぎるのでオススメ!【厳選ランチ】

投稿日:2017年7月3日 更新日:

茨城県笠間市でコスパが良くて、最高に美味しいお店があるんだ。

笠間市に訪れたら、必ず食べておきたいのが「ローズポーク」の専門店のとあるお店。

値段もそこまで高くなく、ボリューム満点、味満点だったので紹介したいと思ったので詳細を書きます。

スポンサーリンク

超!厚切りのローズポークが食べられるお店「彩美亭」

日本中のお店を探しても、おそらくここでしか食べられない、超厚切りのローズポークが楽しめる。そんなお店だ。

しかも、ボリュームに対してとてもコストパフォーマンスがとても良かった!

お店を紹介する前にローズポークについて少し触れておきたいと思う。

ローズポークとは?

一言で言うと、茨城の食ブランド「ローズポーク(銘柄豚肉)」です。なぜ、ローズとつけられているかというと、茨城県の県花であるバラと関連付けて名付けられたみたいです。

大変、手間暇かけて育成されていることからも茨城県の代表名産品の1つになっています。

 

そのローズポークを惜しみなく使っているお店が茨城県笠間市にある「彩美亭」なのです。

 

超!厚切りのローズポークを「彩美亭」で食す!

入店までの待機時間について

私が訪れた時間は、休日のお昼12時頃でした。お昼の時間ということもあり、外まで待機している方々がいらっしゃいました。

お店に到着するも、何故か「準備中」のかけ札が…

まさか…売り切れ御免なのか!?いま待っている人たちは全く気がついていないまま待機しているのか?

お店の前で、一人ぶつくさ喋っていると並んでいる方が「準備中でも中に入って、順番待ちの用紙に記入すれば大丈夫ですよ〜」と声をかけてくださいました。ありがとうございます。

どうやら常連さんの話しによると、いつも準備中の札をかけたままにしているらしい。なので、初見でも営業時間であれば、突撃する勇気が必要です。

追記

2回目に行ったら、お昼でもちゃんと「営業中」の看板に切り替わっていました。たまたまだったようです^^;

 

待つこと30分、いよいよ私の入店タイムが来ました。

お昼の時間帯だと、だいたい30分くらいが目安だと思います。

目安として以下のような感じかと。

行列の待機時間目安

10時半来店→一巡目で入店可能
11時来店→30分程度待機
12時来店→30分〜1時間待機
1時頃来店→運が良ければ待機なし

待機中に常連さんとの会話の中で、だいたいこのくらいの時間が待ち時間になるとわかりました。

注文からテーブルまでにくる時間について

30分の待ち時間で運良く早めの入店ができました。そして、カウンター席へと案内されました。カウンターからは厨房を見渡すことができ、調理中のローズポークを眺めながら待つことができるので個人的に気に入りました。

そして、メニューを一通り確認し、来る前から気になっていた「網焼きポークステーキの上ロース」を注文
しかし、タイミングが悪かったのか、売り切れてしまったとのこと。今回は、残念なことに上ロースは食べられないことから並ロースを注文することにしました。

メニューはこんな感じです。値段が安いか高いのかは食べてからでないと判断できないと思いました。

ちなみに茨城県産ローズポーク網焼ポークステーキのお値段は「1,370円(税別)」でした。

 

並でも、厚切りであることに変わりはないと聞いたので、ワクワクしながら待つことに。

店内では、満席状態が続いているため、料理が目の前に来るまでわりと時間がかかる感じでした。

厨房のコンロで超厚切りのローズポークが焼かれている姿を眺めながらの待機だったこともあり、期待感がクライマックス状態に・・・

▼厚切りローズポークが燃焼される様子

 

クライマックス状態から昇天しかけた時、ついにその時が来ました。

料理が提供される時間まとめ

注文からおおよそ30分

ローズポークが厚すぎるので、焼くのに時間がかかっている印象でした。カウンターで眺めていたので「焼くのが大変そう(小並感)」と感じていました。また、焼いた後、肉の内部までちゃんと火が通るように蒸していて、1つ1つポークステーキに妥協を許さないような拘りを感じました。

盛り付けされている、人参やじゃがいも、そして、特製のタレなどを綺麗に盛り付けている姿も見ていましたが、本当に1つ1つ丁寧で料理への愛情を感じてしまいました。

追記

後日、上ロースを食べに行ってきました!ちなみにその時の味付けは「蔵出し醤油・柚子胡椒・山椒」にしたのですが、「わさび・マスタード・特製ダレ」のほうが美味しかったです!

厚さ4cm超えのローズポークステーキにご挨拶

これで並ロース!?

これが最初の感想、そして食後の感想です。悪い意味じゃなくて、いい意味で驚きました。

▼ローズポークの厚さの様子

 

そして、切った後がこんな感じで厚さが凄い…

 

おそらく、厚さ4cmほどはあるのではないでしょうか?グラム数は、250gは余裕であるとのこと。これは…期待を越えて食べきれるか不安になるほどのボリュームでした。

肝心のお肉ですが、ナイフで簡単にキレてしまうほどの柔らかさだったのですが、食感としては、とても柔らかいとは言いがたい感じでした。しかし、THE肉!!っていう感じがあり食べ応えは最高です!

表面はイイ感じに焼けており、中までしっかりと火が通っている状態。タレとの相性も当たり前のごとく抜群でした。

私が注文した網焼きローズポークには、わさびとマスタードが盛り合わせてあり、そちらと一緒に口に運んだところ、わさびとの相性がこの上なく最高でした。

スタンダードな食べ方をしたり、わさびと一緒に口を運んだり、マスタードを絡めて食べたりと最後まで飽きがくること無く、食べ切ることができました。

Ka`s(かーず)
生きてて、良かった(小並感…)

このレベルで1,400円なら文句ないレベルでした!そして、最後に一言「これで並ロースなの!?」

腹へり男子、ダイナマイトボディー女子、ファンキーじぃちゃん、ばぁちゃんの老若男女の胃袋を満たしてくれる、そんなお肉でした。

今回は、上ロースを食べられなくて非常に残念でしたが、食べたことがある人に感想を聞いたところ、並ロースよりも格段に柔らかさが向上するとのこと…また、行くしかなさそうですね…

「彩美亭」の所在地・営業時間について

ステーキハウス「彩美亭」
茨城県笠間市下郷4067

ランチタイム
11:30〜15:00(LO14:30)

ディナータイム
17:00〜21:30(LO21:00)

駐車場あり
店の前と店奥に駐車スペースがあり、最大10台程度止めることができそうです。

お店の横から奥にある駐車場にいけるよ!

 

おわりに

茨城県の名産の1つであるローズポークを心置き無く楽しむなら絶対にここです。
ポークステーキが目の前に来たときの衝撃と来るまでのワクワク感は、期待を裏切らないものでした。

笠間市に訪れることがあるならば、かならず訪れたいお店の1つでした!

-おでかけ, ランチ, 茨城
-,

Copyright© かーずのーと , 2018 All Rights Reserved.