おでかけ 栃木県

日光に日帰り観光してきました!湯元から日光市街地まで下るルートがオススメ【湯元編】

投稿日:2017年10月22日 更新日:

冬の香りがしてくるそんな秋雨が続く中、日光に紅葉を見に行っていきました!

10月の半ばだというのに訪れる前日までは雪が降っていたようで、厚着武装を用意して行きました。だけど、実際に行ってみると気温も15度前後でそこまで寒いという感じはなかったですw

秋雨が続く中で無理やりいったのですが、渋滞も一切なくて快適に観光できたので満足でした!観光ルートは奥日光の湯元から市街地まで下っていくルートで、とにかく紅葉が見頃で良かった。

日帰りという短時間で温泉から観光まで弾丸トラベルしてきたのでそのことについてのお話

日光への弾丸トラベルは朝が早い

当たり前なのですが、日帰りとなると時間に余裕がない中で観光するので計画とか重要になりますよね?

ですが、今回はほぼノープランで行ってきましたw その場のノリと判断で観光してきたので、いわゆる「ウェイ系」な感じのパリピみたいなノリの気持ちになって行ってきたのです。

 

僕が住んでいる地域から車でおおよそ3時間程度(渋滞は考慮してない)かかるので、一日中観光を満喫するには朝は早くなてくはいけません。

5時前起床→6時出発な感じですw

最初の目的地は「中禅寺湖」でした。

到着するころには渋滞の影響でお昼くらいになるだろうと予想していたのでランチを食べてから紅葉散策しようと思っていました。

紅葉が見頃でも雨だから渋滞してない

ここ一週間ほど秋雨が続いていて、紅葉が見頃な時期な関わらず、この時期の名物とも言える「いろは坂渋滞」が一切ありませんでした。

これは幸運だと思って、当初の目的地を変更して「湯本」まで直行しましたw

ちなみに10時前くらいには到着した感じですw

湯元温泉周辺

湯元温泉に到着して、写真のとおり、雨が結構降っていたので山の色合いがまったくわからない感じでちょっと残念でしたw でも、ちょっと歩くと凄い秋の感じを味わえるので結果的に良かったと思ってます(本当は晴れがよかった)

せっかく湯元温泉まで来たからには日帰り入浴でもしようと思っていたのですが、午前中から入浴できる場所が少なく限られた場所しか選べませんでした。

日帰り入浴の時間が各施設によって違うので、確認は必須ですね。ちなみに入浴できる時間は『入浴可能時間リスト-湯元温泉』で確認できます。

 

結局、湯元温泉では入浴しなかったですw一番最初に入浴しちゃったら、雨の中散策する気力がなくなると思ったのでやめましたw

雨の中ちょっくら散策

せっかく日光の奥地まで訪れたので散策してきました。散策ルートは湯ノ湖を一周するルートで所要時間はおおよそ1時間程度!

もちろん日帰りだったので、一周はせずに途中まで散策する感じですw

こんな感じで散策できるルートにはウッドデッキで道ができてます(^o^)

秋感満載の中、傘をさして散歩とか20代がやることじゃないなーとか思いつつも、紅葉に気持ちが高揚させられました(すみません)

散策しながら湯滝へ

散策ルートには奥日光三名瀑の1つ「湯滝」にいくことができるので、行ってきました!

ご覧のとおり雨なので凄い爽やかな感じはないですけど、マイナスイオン効果で気持ち良かったです(寒かった)

滝の近くに止められる駐車場があるんですけど、基本は有料なんですよね。それなら湯元温泉のほうまでいって国営の無料駐車場に停めて、ここまで散策しながくるルートが完全に得だと思いました。

湯滝からまた歩いて戻ることになるのですが、もしそこで疲れたら日帰り入浴していくのがいいかもしれませんね。

環境庁のアンケートに答えたw

帰り道で環境省の人に満足度調査を頼まれて、アンケートに答えましたwちなみにアンケートに答えたらクリアファイルを貰ったんですけど、超うれしいです(棒)

貰ったクリアファイル

Ka`s(かーず)
本省いけば貰えそうw

湯元編閉幕

今回は湯元編だけで終わらせてもらいます。

時間があれば理想だと思ったルートはこんな感じですかね

湯元温泉

湯滝

湯ノ湖周回

温泉満喫

今回はここだけじゃなくて他にも回っていたので温泉までは入れませんでしたけど、本来であれば湯元いったら温泉には入ったほうがいいと思いますw

日帰り入浴なら入浴可能な時間をしっかりチェックしておいたほうが行動しやすいと思います。

入浴可能時間リスト-湯元温泉

-おでかけ, 栃木県
-, , ,

Copyright© かーずのーと , 2018 All Rights Reserved.