iPhone

【iOS】iPhoneXSシリーズでスクショ(画面キャプチャー)を取る2つの方法!

投稿日:

iPhoneXからホームボタンが廃止され、その後継機であるiPhoneXSシリーズでもホームボタンは存在しません。ホームボタンがあったときのiPhoneで画面キャプチャーいわゆるスクリーンショットを取るには「電源ボタン+ホームボタン」を同時押しするのが一般的でした。

ホームボタンがなくてスクショが取れないという方のためにスクショを取る方法を2つの方法を紹介してきます。

iPhoneXSシリーズでスクショを取る方法

2パターン以外にも方法はあるのですが、少し用途が異なるためここではiPhone本体で操作可能な方法だけを紹介。

音量ボタン(+)と電源ボタンの同時押し

物理的にスクショを取る方法としては、この方法が最もポピュラーな方法ではないでしょうか。

いままでホームボタンと電源を同時押ししていた人からすれば、少し慣れば必要かもしれません。ちなみに、ホームボタンは本体の右上にあり、音量(+)ボタンは左上に位置しています。

AssistiveTouchでスクショを設定しておく

もう1つはAssistiveTouchという機能を使ってスクリーンショットを撮る方法があります。これを設定しておくことで画面上に丸い枠が表示され、ダブルタップやシングルタップすることで撮影することが可能になります。

もちろん画面上に表示されている丸い枠はスクリーンショット上には写り込まないようになっていますので、物理ボタンで撮影するのが苦手な人はこちらを試してみるのはいかがでしょうか?

AssistiveTouchでスクショを設定方法は下記のとおりです。

 

①:「設定」→「アクセシビリティ」

 

②:「AssistiveTouch」をON→好みで動作方法を選択→「スクリーンショット」

 

以上の設定で画面上に丸い枠が表示されるようになります。

 

④で指定した動作方法にてスクリーンショットを撮ることができるようになります。

注意点としては、AssistiveTouchが表示されないような場面ではこの方法でスクリーンショットを撮ることができません。ただし、物理ボタンでスクショがやりにくいという人には扱いやすいはずです。

また、AssistiveTouchは透明度も調整することができるので、画面上に配置されていると「邪魔だな~」と感じた人は薄く設定してみるのが良いかもしれません。

-iPhone
-, ,

Copyright© かーずのーと , 2018 All Rights Reserved.