Amazon ライフスタイル 気をつけたいこと

Amazonの偽物や粗悪品を見分ける力は必要である

投稿日:2017年6月8日 更新日:


どうも、Ka`s(かーず)@kazumatttkです。

今更ですが、以前から欲しかったハンドスピナーを購入しました。

私が住んでいる地域は、茨の城がある土地(田舎方面)なのでハンドスピナーが販売されているお店は1件も存在しないです。田舎の悪いところは、ロフトとか東急ハンズなど都会にあるようなお店がない!これに尽きます。実際に現物を見てから購入したかったのですが、わざわざ遠出してまで買うものじゃない、ということでネットショッピングの出番ですよ。

田舎在住の身としては、ネットは買い物の助けになって本当に助かっています。今回、利用したのはAmazonなのですが、ハンドスピナーが流行していることもあり、怪しい商品が多すぎると感じました。

しかも、レビューを見てみるとカタコトの日本語やすごい絶賛してるレビュー(すこし日本語がおかしい)が多すぎて、なにを信用したらいいのかまったくわからない状態・・・

今回は、レビューの良し悪しが判断できない場合、最終的にどのように判断するかの話です。近頃は、Amazonでの詐欺も多くなってきているため騙されないためにも参考にしていただけたらと思います。

レビューを見る前に最低条件を決めておく

ここでは、ハンドスピナーを例にしていこうかと思います。私が求めていた条件は次のようなものです。

価格:2000以内
回転:最低3分~
羽数:3枚
 色:虹色

条件を決めておくことである程度、商品を絞り込むことができるため確認するポイントが極端に少なくなります。また、最低条件を自分で確認することでどんなモノを求めているのかもはっきりしていくため、条件決めは大切です。ただ、ぼんやり眺めるのもいいのですが、私はよく優柔不断になってしまうこともあり最低条件を考えるようにしています。

ちなみにですが、Amazonでは商品によってサイドバーに価格の絞り込みが表示されないときがあります。こういうときには、URLの末尾に「&price=10000-100000」と入力することで100円から1000円までの商品を検索することができます。

安物買いの銭失いをしない

安いものが出品されているからと購入してしまい、期待はずれだったという経験はありませんか?

確かに安くてイイ物を買えたときは、この上なくいい買い物をしたという満足感に満たされるでしょう。しかし、そういったことは滅多にありません。

もし期待はずれだった場合、同じ種類の物で前回より高価なものを購入するか検討してしまいます。私は、こんなことになるなら最初からそこそこの物を買っておけば・・・と何度も後悔したことがあります。こういった経験からもネットショッピングする際には、前述したように最低条件を決めるようにしました。

最低条件を決めることは、安物買いの銭失いを防ぐことにも有用ですので、いままで「なんとなく」で選んでいた人は活用してください。

Ka`s(かーず)
私みたいに後悔しないためにも「安物買いの銭失い」をしないようにしましょう!

スポンサーリンク

偽物や粗悪品を見分ける3つのポイント

Amazonに出品されている偽物である可能性が高い特徴を先に記述しますので参考にどうぞ。

ハイブランドの商品が相場よりも格安で販売されている。

高評価レビューの文脈がおかしい。

レビュー者のプロフィールがおかしい。

マーケットプレイスの出品物。

上記のうち1つでも当てはまる場合、偽物や粗悪品の可能性があります。これらの特徴を踏まえて見分けるポイントを5つ紹介していきます。

Amazonが直接販売しているか確認する

一番安心して購入できるのが、Amazonが直接販売している場合になります。理由は、単純でAmazonが直接販売しているものは、正規の販売店から仕入れているためです。正規品を仕入れた後に、自社の倉庫で保管しているため、発送の早さも日本一です。直売の場合は、安心して購入できるので他に見分けることは基本的に必要はありません。

また、粗悪品だった場合の対応力も迅速なため交換する際も簡単にできます。

「基本的に」と書いてあることですが、以下のような規約があるため一概には安心とは言えないです。

共同ブランドでの商品販売、サービス提供

他の事業者と共同ブランドでの商品やサービスの提供を行う場合や、第三者から委託を受けてサービスを提供する場合があります。また、お客様が選択した第三者のサービスや機能をAmazon.co.jpで利用できるようにする場合もあります。例えば、お客様が選択するクレジットカード会社等のポイントをAmazon.co.jpでの支払い方法に使用できるようにすること等があります。

引用:Amazon-利用規約より

第三者からの委託を受けて~に注目して欲しいのですが、粗悪品を販売したくて利益を得たいがために委託する場合があるかもしれない。しかし、そこまでコストをかけて販売して利益が出るのかといえば答えは、ノーです。

レビューだけで購入してしまう人が多いため、バイヤーたちは「わざわざ委託までしなくても売れるから問題ない」と考えているはずです。

1人でも多くの人が直売で買う有意性を理解して欲しいと思っています。

Ka`s(かーず)
ここまで考えると直売しているものが一番安心して買い物できるとわかりますね。

高評価のみのレビューは注視する

レビューを確認していいことがたくさん書いていれば大丈夫と思っていますか?

レビューの罠がここにあります。レビューを確認する心理を利用してる悪徳業者が相当数いるのでレビューで判断する場合は次のことを必ず確認して欲しいです。

1.レビュー者のプロフィールを確認する。
2.出品者の別商品もレビューを確認する。

レビュー者のプロフィールを確認する理由

レビューする人は大抵、Amazonのヘビーユーザーであることが多いです。ヘビーユーザーは買ったらほぼ確実にレビューをします。

レビューしている人のプロフィールを確認すると、他の商品のレビューをたくさん書いていたりするため参考になることがとても多いです。プロフィールを確認する方法は、ユーザー名をクリックすることでレビュー者のページを閲覧できるので是非見てみましょう。

怪しい商品の場合、プロフィールを確認すると1つのレビューしかしていないです。(笑)レビュー内容も日本語で書かれているのですが、文脈がイマイチなため、翻訳でそのまま書いたものではないかと思います。また、ユーザー名も捨てアカウントのような雰囲気を出しているものや日本人にいそうな名前をつけて高等テクニックを駆使しているものまで様々です。

Ka`s(かーず)
真のレビューマスターはたくさん意見しているから信用できるよ!(辛口な意見が多いけど参考になる)

スポンサーリンク

出品者の別商品もレビューを確認する理由

レビューで判断が難しい場合は、出品者が販売している別の商品のページを確認することをオススメします。レビューを使いまわしていたら不信感を持ったほうがいいです。種類がまったく違うのにも関わらず、レビュー内容が一致しているものは、高確率で粗悪品もしくは偽物と判断していいでしょう。

Ka`s(かーず)
レビューだけで判断する場合は、プロフィールとレビューの使い回し具合を確認するといいですよ

別サイトで価格を確認する

マーケットプレイスを悪用した詐欺があったように、マーケットプレイス品を購入する時は慎重になったほうが自分のためになります。

まず確認して欲しいのが、商品自体の平均相場です。相場を確認するには、某オークションや某フリマアプリで検索するとおおよその値段を知ることができますよね。これらの値段よりはるかに安い価格で販売されている場合は、注意が必要になります。安さの魅力に負けて買いたくなってしまった場合は、次のことを確認してみてください。

出品者の情報確認

一例として怪しい出品者を紹介していきます。まず、出品元が中華人民共和国だと怪しいポイント+20点です。

自己紹介内容がカタコトな日本語や、ニュアンスがおかしい日本語で書かれていた場合は怪しさポイント+40です。上の写真だと、「カスタマーに対し、最高水準のカスタマーサービスを提供することを約束する。」などと書かれていますが、文面からは信頼性のなさを感じますね。

そして、次に確認するべきなのが、住所です。英語表記してあるため一見しただけだと存在する場所なのかどうかわかりませんよね?ここで、住所を検索してみることをオススメします。

この出品者の住所をGoogleマップで調べてみたところ、存在しない場所であることがわかりました。

住所が存在しない場所になっている時の怪しいポイントは+80点です。この時点で怪しいポイントが100になったら注文するのは控えましょう。高確率でモノが届かないです。仮に届いたとしても、まったく別のゴミが送られてきます。(経験済み)

住所をきちんと設定しているバイヤーの場合

出品者の評価を確認してください。住所をきちんと設定はしているけど怪しそうだなって思った出品者の評価は次のようになっていました。

ここから判断できることは2つあります。星5つにしている人はサクラレビュー者であること、星1つにしてる4人は同一人物である可能性が高いこと。「商品を受け取っていません」と書かれているため明らかに詐欺であることが判断できますが、おそらくこの人物は商品がまったく届かないことから執着心をもってレビューを連投しているのだろうと考えられます。

すこしでも怪しそうだなと感じたら評価を確認することをオススメします。

ちなみに私の判断基準では、星5つのみだと怪しさポイント+35になります。理由は、どんなにいい出品者でも星5のみということはまずないです。良くも悪くも星3、星4が多い出品者のほうが前者よりも圧倒的に信頼できます。

怪しさポイントが60以上になった時点でその出品者から購入するのを留まったほうがいいと思っています。怪しい出品者から購入するより、きちんとしている人を選ぶようにすれば騙され事もないし、たとえ粗悪品であったとしても交換や返品の対応もしてくれるでしょう。

Ka`s(かーず)
ちなみに星1つのみなら、まず買いません(笑)明らかに粗悪品や偽物の確率が高いですし、そこまでチャレンジャーにはなれないです。

おわりに

田舎在住のためAmazonでの購入が多いのですが、私が購入するときに判断する基準が直売品かどうか、レビューが信頼できるのかの2つです。あとは優柔不断を発生させないように最低条件を決めておくのが一番いい買い方になってます。

すこしでも不安要素がある場合は、見極める力をつけて偽物や粗悪品を買わないようにしていきましょう!

-Amazon, ライフスタイル, 気をつけたいこと
-

Copyright© かーずのーと , 2018 All Rights Reserved.