イヤホン レビュー

【レビュー】Bluetoothイヤホン「Tao Tronics TT-BH07」はコスパが最高だった!

投稿日:2017年7月17日 更新日:

 

iPhone7からイヤホンジャックが廃止されて、いままで愛用していたイヤホン(コードタイプ)の使い勝手がかなり悪くなってしまったので、いまさらですがBluetooth対応のイヤホンに変えました。

今回、わたしが購入したのは「Tao tronics :TT-BH07」です。音楽を聞くためだけではなく、通話にも対応しているイヤホンが欲しかったので色々探しました。

コスパの良いイヤホンを中心に探していましたが、このイヤホンが個人的にいいなーと思ったので購入に至りました。

今回は、Bluetooth対応イヤホンのTT-BH07のレビューです。

関連ノイズキャンセリグヘッドホンLiteXim QW-07レビュー!

「Tao tronics:TT-BH07」の総合評価

個人評価

価    格:
音    質:
快  適   度:
利    便     性:
音ゲー最適度:

音ゲープレイヤーからすると、やはり遅延が気になるところです。Bluetoothだと、多少の遅延がゲームスコアに響いてきますのでその部分の評価としては微妙です。

もっとも評価できるのは、やはりコスパでしょうか。値段の安さとイヤホンの機能性を天秤に掛けたときバランスが取れていると感じます。装着時のフィット感もかなり評価できる良さでした。この価格帯の商品ならまず買っても損はないと思いました。

音質に関しては、多くのレビューで文句がないという意見があります。しかし、私からすれば音が安っぽい印象を受けました。

再現できている音の範囲が狭いと言わざる得ないため、音質を気にしてしまう人にはオススメできない。あくまでも、運動時や作業時など「音楽に集中する場面以外」で使うのが主流だと感じました。低価格帯の商品であれば文句なしのレベルなので購入する際は、そのあたりを意識して欲しいと思います。

低音域を重視する方には「ノイズキャンセリング機能付きヘッドホンQW-07」がオススメできます。

【PR】高音質なBluetoothヘッドフォンLiteXim QW-07を徹底レビュー!ノイズキャンセリングが優秀すぎる!

音質を重視する人にとって、イヤホンの表現力では物足りないという経験はないでしょうか? イヤホンはコンパクトな分、持ち運びがしやすいイメージがあって、普段使いとしては便利ではあります。しかし、音質を追求 ...

続きを見る

先に総合評価を記載しましたが、一つ一つ紹介していますので良かったら読んで下さい。

開封の義

TT-BH07の外箱はこんな感じです。

 

家電屋さんとかでは、あまり見かけないタイプの外箱となっていて、海外製品らしい雰囲気を見せてくれています。それでは、開けていきます。

箱の中に箱ですか。マトリョシカみたいな感じですね。イヤホンだけ入っているわけではないのが伝わってきます。付属品といっても、そんなに多くはないでしょうが、このサイズだと色々付属品がついていそう感じがしますね。

 

まずは、大きい箱から開封していきましょう。わたしは、大きい箱と小さい箱があったら、デカい方を選ぶタイプなので欲張りな感じなんですよ。

Ka`s(かーず)
大きいサイズの箱には、付属品が入っていました。

こちらにイヤホン本体が入っているかと思ったら、違いましたね。付属品として、説明書やイヤホンを入れる袋、交換用のパーツが入っていました。
イヤホンのパーツは、大きいサイズと小さいサイズがそれぞれあって、女性の耳にもフィットしやすいように小さめのサイズが用意されている感じですね。わたしの場合、わりと神経質なので交換パーツが付属されていることは嬉しいと思うポイントです。汚くなってしまったら即交換してしまうので有り難いと思います。(笑)

 

それでは、本体が入っていると思われる小さいサイズの箱を開封していきます。

本体のお出ましです。いままで、イヤホンジャックに繋ぐタイプのものばかり使ってきたので、これにはかなりの違和感を感じています。

スッキリしていると、いうか、スマートな印象ですよね。Airpodsっていう、Apple製品があるのですが、あれも馬鹿にできないかもしれませんね。今回のイヤホンは、コードで繋がっていますが、AirPodsはコードレスタイプだからよりスマートな印象があるのかな?って思います。しかし、値段がそれなりに高いわりに音質は純正のイヤホンと同等ってところが微妙だと思ったポイントなんですけどね。

Air Podsの存在に私は怒っている!いらないと思うその理由は?

iPhone7に乗り換えてから半年が過ぎようとしています。使い始めの頃からiPhone7には、かなりの不満を持っています。 「イヤホンジャック」がないことに私は怒っています!!なぜイヤホンジャックを廃 ...

続きを見る

 

それで、箱はもういらないのでダストボックスへポイ

 

Ka`s(かーず)
箱を取って置いても得なことないっすからね!

TT-BH07のレビュー

よくあるイヤーフック型のように見えますが、耳の外側ではなく内側に引っ掛けるタイプになっています。

フィット感はかなり良かったです。耳の内側に引っ掛けるタイプを使うのが初めてで、どうやって引っ掛けるのか戸惑いましたが、外側のタイプよりもフィットする感じがするのでとても良かったです。装着時に戸惑ってしまうのが、あまりよくないですね。最初のうちは使い慣れないから余計に戸惑ってしまいそうです。

マグネットがついとる

このイヤホンの外側の部分ですが、こちらはマグネットになっていて首元でネックレスをつけているようにも見せられそうです。

音楽を聞いていないときなど首にかけていると、無くしてしまいそうですが、マグネットでイヤホン同士をくっつけておけば無くしてしまう心配がないのが良いポイントです。

また、付属品にある小さめのサイズのイヤーフックを使えば、耳が小さい人にもフィットします。

フィット感が良かったので、5kmほどランニングしてきました。フィット感のよくないイヤホンを使っていたこともあって、ランニングに集中できなかったりしていましたが、これは運動にも最適!と思いました。

Ka`s(かーず)
コード部分が首まわりだけなので、運動に集中しやすかったです。

充電について

コントロールボタンがある部分に充電の差し込み口があります。付属品では、USBケーブルのみなので充電できるガジェットがないと充電することができませんので注意してください。

コンセントから充電することもできますし、あとはモバイルバッテリーで充電することもできます。

試しにモバイルバッテリーから充電をしてみました。

 

急速充電およそ30分で充電完了しました。通常の充電ですと、大体1時間弱といったところでしょうか。持続時間は連続稼動しても、5時間程度で日々の通勤+ジョギングの時間があっても一日を通して使えるようになっています。

コントロール部分

充電ポートや再生ボタンなどが配置されていますが、この部分にマイクも内蔵されています。装着しながらの通話も可能で、まさにわたしが求めていたものでした。

そのほかにも、ボタンの操作の仕方によって様々な操作が可能になっています。操作一覧は以下を参考にしてください。

操作一覧

電源オン センターボタンを1秒押す。
電源オフ センターボタンを3秒押す。
音楽の再生・一時停止 センターボタンを1回押す。
音量上げ下げ +、-それぞれ押す。
曲戻し・送り +長押し(送る)、-長押し(戻す)
電話を受ける センターボタンを1回押す
電話拒否 センターボタンを1秒間押す。
リダイヤル センターボタンを2回連続で押す(電話履歴の最新の番号にかけ直す)
電話ミュート +と-を同時に押す
リセット +と-を5秒間長押しする。

iPhoneに付属しているイヤホンと同じような操作が多いので戸惑いはなさそうです。

ボタン操作のアクションがあるイヤホンはスマホ本体で操作しなくていいため大変便利だと思っています。アクションタイプがないイヤホンよりはスマホとの連動性を意識しているタイプのほうが個人的には好きです。

Ka`s(かーず)
HeySiriでも呼び出しできるみたいです

接続の義

いよいよ、iPhoneとの接続の義を行います。

接続するときは、センターボタンを長押しして、ランプが青と赤交互に点滅するようにします。

点滅したら、今度はiPhone側で設定>Bluetoothで「TT-BH07」をタップするだけです。

Ka`s(かーず)
あっさり接続できて、簡単でいいですね。

音質について

音質の専門家ではないので、確実なことは言えないのですが、iPhoneに付属しているイヤホンを標準としたら同等かそれ以上な音質です。ただ、低音などでビートを刻みたい人にはあまりオススメはできないです。

低音系のズッシリとした感覚はないので、そちらを期待して購入するのはやめたほうがいいでしょう。2000円代のイヤホンであれば、文句ないレベルかと思います。ただ、やはり広い範囲の音を表現できている感じがしません。しかし、普段使いとしては十分であり、運動など音楽に集中したいとき以外では最適な部類だと感じました。

Ka`s(かーず)
総合的に見るとお値段以上の価値だね

Bluetoothによる遅延について

Bluetoothで懸念していた点が遅延なのですが、やはり、端末本体から音楽を出すよりも遅延を感じてしまいます。

わたしは、バンドリ!ガールズパーティという音ゲーアプリで遊んでいるのですが、譜面から落ちてくるボタンのタイミングとイヤホンから流れてくる音楽にズレを感じてしまいました。Bluetoothの商品でソニーの防水型スピーカーを持っていて、そちらと比較するとTT-BH07のほうが遅延は少なく感じます。それでも、遅延は遅延なのであると不都合な面もあります。そこがBluetoothイヤホンの弱点だなと、再認識しました。

やはり、音ゲーにBluetoothイヤホンやスピーカーは厳しい面を感じざる得ません。わたしの場合、音ゲーは音楽を聞かないで目押ししちゃってるタイプなのでそこまで気にしていませんが、遅延を気にする方であれば、Bluetoothは諦めたほうがいいかもしれませんね。

普段使いの音楽用と考えれば、遅延を考える必要性はないですが、あくまで音ゲープレイヤー目線の感想です。

Ka`s(かーず)
目押しプレイヤーってw本当に音ゲー楽しんでる?w

おわりに

今回の買い物は安物買いの銭失いにならなかったので、ホッとしています。そして、コスパの良さにかなり満足しています。実は、Tao Toronics製品は今回のイヤホンが2つ目です。前回「自撮り棒」を購入していて、実に買ってよかった商品だったため安心して選ばせていただきました。

検討中でしたら買っても満足度高いと思いますよ!

-イヤホン, レビュー
-, ,

Copyright© かーずのーと , 2018 All Rights Reserved.