エンタメ レビュー 映画

【レビュー】キングスマン ゴールデンサークルの感想は「前作を見ていないと面白さ半減」

投稿日:2018年1月7日 更新日:

KINGSMAN(キングスマン)ゴールデンサークルを観に行ってきました!前作の続編ということで実質、キングスマン2みたいなものですかね。

2018年新年1作品目に観たのが、今回の作品「キングスマンゴールデンサークル」

スパイ映画の続編として、放映されたらすぐに観に行こうと思っていました。1つ後悔しているのが、前作の復習をすることなく観に行ってしまったこと。続編の作品のため、1作目を観てから2作目にいったほうが良かったと後悔しています。

今回は、キングスマンゴールデンサークルの感想

キングスマン ゴールデンサークル概要

あらすじ

表の顔は、ロンドンの高級テーラー。その実態は、どの国にも属さない世界最強のスパイ機関。

世界的麻薬組織、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅したキングスマン。生き残ったのはエグジーと、メカ担当のマーリンのみ、同盟スパイ機関のステイツマンと合流した。ゴールデン・サークルは麻薬中毒者を利用して、狂気的な陰謀を目論む。エグジー、マーリン、そしてステイツマンのエージェントと共に陰謀を阻止することに。

抜粋-公式WEBサイト

前作で登場していた人物がほとんど出演し、キャストはあまり変わらないかと思いきや、まさかの同盟スパイ機関が登場することに。キングスマンと同等のスパイ機関がアメリカにあり、今回はステイツマンというスパイ機関と共に闘う感じ。

一見すると、初めてキングスマンを見る人でも問題なさそうに見れる感じになっていますが、ぶっちゃけると1作品目を観たほうがいいです。いきなり、本作から視聴すると拍子抜けする内容で面白さが半減することは間違いないです。

▼1作品目「キングスマン」

来場者特典でポストカード貰った

来場者特典として、ポストカードをもらいました。エグジーの立ち姿のポストカードで映画コレクションの1つとして、本棚にしまっておきます。ちなみに劇場や4DXによって、特典が違うようです。

IMAXは、ポスター
4DXは、キングスマンロゴのピンバッチ
通常は、ポストカード(上記画像)

先着プレゼントらしいので早い者勝ちです。

キングスマンゴールデンサークルの感想

ネタバレというのはどこまでが、ネタバレになるのか線引の仕方がわからないので、本記事のレビューはすべてネタバレということにしています。

 

キングスマンを壊滅させるのか・・・

秘密裏にスパイ活動を行っている「キングスマン」というスパイ組織。作品名にもなっているので、こちらは壊滅などせずに存続していくものであろうと思っていました。

しかし、麻薬組織ゴールデン・サークルの手によって、キングスマンに所属するエージェントならびに本拠地までもミサイルによって破壊されてしまう。

正直、これには驚きを隠せなかった。

まさか、1作品目で活躍していた「キングスマン」もろともすべて”無”にしてしまったからだ。数々のスパイ兵器を所有しているはずの本拠地がミサイルによって一瞬で消え去るのはどうなのだろうか…防衛システムも「ミサイル接近中」という表示だけで、もっと本拠地らしい防衛装置もあったでしょう!とツッコミたくなる内容。

アメリカのスパイ機関ステイツマンとの関係を持たせるために、すべてを失わせるのは無理やりすぎる展開であるとしか思いませんでした。

前作の復習はしなくても観れるように工夫されてる

作中には前作の内容を紹介している部分があり、復習をしなくても観れるように工夫がされていました。

キングスマン1を観たのが、2015年9月のことで約2年の月日が経っているため、内容に関しては鮮明に記憶していなかった。

そのため、復習してからゴールデンサークルを観たほうが楽しめると思っていたのですが、作中には要点となる前作のシーンがあり、復習なしでも楽しめるように工夫がされていて助かりました。ただ、さらに理解度を深めて楽しむのであれば、前作の復習をしてから劇場に足を運んだほうがいいことには変わりありません。

復活兵器があるなら、次は全員復活してるんじゃないかな

スパイ兵器はどれも魅力的で思わず「使ってみたい!」と思えるようなものばかりが登場するのですが、今回の作品で1番キテレツ大百科な兵器が登場しました。

「頭を銃で撃たれても復活するシート」

頭を銃で撃たれていても、このシートを使うことで損傷した神経や脳を修復して生き返るというスパイ兵器。これ…w この兵器の登場によって、前作では無念な死を遂げてしまった「ハリー」が生きていることに・・・

ハリーが撃たれた直後にステイツマンのエージェントが救助しにいき、その後、ステイツマンの本拠地で養生生活を送っている。そして、キングスマン無きあとに、ステイツマンに訪れたエグジーたちと再開するという流れが「テキトーだな~」という印象しかありませんでした。

こんなとんでもない兵器がある時点で、本作で壊滅して消え失せたキングスマンのエージェントも復活するんじゃないかと思わずにはいられない(可能性はあるのかな?) たとえ、粉々になっても修復装置みたいなのが出てきたら、そのときは全員復活で悪役も復活してタッグを組んだ~とかそういう流れになるやもしません。

そうなったら、ちょっと面白そうですけどねw

アクションは見やすくてテンション上がる

キングスマン独特の音楽とマッチングさせたアクションシーンは期待を裏切りませんでした。冒頭のカーアクションはどうでも良かったのですけど、終盤のアクションシーンは観ているだけで興奮してきてテンションが上がります。

アクションシーンのカメラワークの動きも激しくないため、悪酔いなどはせずに映像に釘付けになれる点も良かった。とても見やすいアクションシーンでありますが、裏を返せばCGだらけな部分も目立つので純粋なアクションを観たい人にはあまり向かないかもしれません。

僕としては、おしゃれな戦闘シーンが一番の魅力だと感じました。

さいごに

今回の作品も前回の作品も独特なグロさを表現しているシーンがあるため、親子で観る映画ではないので注意したほうがいいです。

ストーリーはハチャメチャすぎて、続編が出るようであれば、ある意味どうなってしまうのか気になります。流れとしては、強引すぎる部分が目立ちすぎて、「?」が頭にこびり付くことが多かった。

ただ、アクションシーンのスタイリッシュさは爽快そのものと感じました。映画の時間は140分とかなりの長時間になるため、長過ぎると感じましたが、最後のアクションシーンは前作に負けずに良かったです。

U-NEXTを使えば映画館の入場料が無料になる!U-NEXTポイントの賢い利用方法!

動画配信サービスをいくも登録し、解約するタイミングを見失うほど利用しています。どうも、無駄使いマスターです。 いまや「Hulu」「Netflix」「Amazonプライムビデオ」といった、毎月一定額を支 ...

続きを見る


(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

-エンタメ, レビュー, 映画
-,

Copyright© かーずのーと , 2018 All Rights Reserved.