インターネットとゲームが大好きな元現場監督の日常:雑記帳

かーずのーと

レビュー 映画

【レビュー】交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション1の感想は「冒頭は必見!」

投稿日:2017年9月24日 更新日:

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1を観てきました! 最初は「総集編だから、そこまで期待してないし懐かしいだけだろう」と思っていましたが、冒頭の10分を観た瞬間から「ワイの考えは甘かったんや・・・」と反省しました。

今回は、ハイエボ1の感想をまとめようと思います。(ネタバレありなので嫌な方は見ないほうがいいかも)

スポンサーリンク

ハイエボ1のあらすじ

地球上を覆う情報生命体・スカブコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機――サマー・オブ・ラブ。その危機から世界を救ったのは、アドロック・サーストンだった。英雄と讃えられるようになるアドロック。だが、その真相を知るものは、最前線で戦ったごく一握りの人間だけだった。

そして10年の時が流れた。

引用-http://eurekaseven.jp/about/story/

観に行く前に必ずあらすじをチェックするのが基本なんですけど、あらすじを見た瞬間に「あ、総集編か・・・見に行くやめようかな」と思っていました。というのも、昔の劇場版「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」が面白くなさすぎて悲しみを背負っていたからなのです。

ポケ虹のパラレルワールド感というか、そもそもの流れが残念すぎてなんとも言えない。アニメ版の物語が良いだけに裏切られた感じでした。

しかし、見てもいないのに文句だけ言うのは、良くないことだと思ったので観に行くことに

あらすじからは、サマー・オブ・ラブが発生してから10年後の話でビームス夫妻(チャールズ&レイ)とレントンとの出会いと別れの話になるだろうなーってことはわかっていました。この出会いと別れの間に起きた出来事でレントンは一歩強くなった印象があったので結構覚えています。

当時の流れは、ゲッコウステイトから家出していたレントンをビームス夫妻が迎い入れて、家族のように過ごしていたはず。

そして、レントンを養子にしたいと願うレイだったけど、ゲッコウステイトのメンバーであることを知って、仕方なく諦める流れでした。結局、レントンはゲッコーステイトに戻ることになってしまい、そのあとのビームス夫妻の結末といったら・・・

ビームス夫妻の情の深さを感じられる流れであることは間違いないので、今回もそういった愛情を感じられる内容であるはずだと・・・

結局、ビームス夫妻は死亡しちゃうんですけど、ハイエボ1では死に別れまでやるんだろうと予想していました。

Ka`s(かーず)
懐かしすぎる・・・

ハイエボ1の感想

冒頭30分は必見

「どうせ全部総集編だし期待しないで見るか~」ってキモチで見に行きましたけど、冒頭30分だけでも見る価値はありだと強く思います。いい意味で裏切られましたねw

アニメ版では描かれていなかった「サマー・オブ・ラブ」が起きたときの状況が観れるのです。

サマー・オブ・ラブは、レントンの父「アドロック・サーストン」が英雄と呼ばれるようになるまでに起きた出来事で、コーラリアンと人類の存亡をかけた戦いがとにかく熱い

映像・音響の迫力にも力が入っているし、映画館ならではの体験を感じられたのでとても良い

コーラリアンとの戦いでは、前線にいる人物も16歳のタルホ(可愛い)がいたり、若いホランドと兄のデュークとお馴染みのメンツが戦っている姿があるので目が離せませんでした。しかも、あのエウレカも・・・

Ka`s(かーず)
エウレカファンなら冒頭30分だけでも観るべき!

ビームス夫妻と養子設定になってた

アニメ版ではゲッコウステイトから家出(笑)したレントンと知り合って、白鳥号に迎い入れてくれる設定だったはずです。

しかし、ハイエボ1ではレントンを養子として迎い入れる設定になっていました。

アニメ版では、レイが養子に迎い入れたいって言うけど、ゲッコーステイトのメンバーであることを知って諦めるシーンの悔しさが感じられるところ。それでも、ゲッコウステイトのメンバーであることを知りながらも「我が子」のように接するのがビームス夫妻だったこと。そして、レントンがゲッコウステイトへ帰る別れのシーンでは「自分たちの息子」と言うシーン

アニメ版では敵対している相手と知りつつも、自分たちの子どもだと思って接しているところが優しさの塊でしかない

それでもハイエボ1の最初から養子設定であっても、優しさは感じました。まぁ、正直に言えば前の設定のほうが温かみとその後の展開で胸が熱くなると思いましたけどね。

時系列の変化で疲れたw

冒頭30分はめちゃくちゃ良かったけど、その後は「総集編らしさ」がでていました。

とても上手くまとまっていて良かったのですけど、アニメ版を知らない人が初めて見たら「よくわからない」って思うのではないでしょうか? そもそもの始まりがビームス夫妻との出会いからだし、それ以前の流れがまったく掴めないと思います。

アニメ版を見ていた自分でも時系列の変化には疲れましたし、初めて見た人はメダパニ状態になると思いますw過去に遡ったり、進んだりが頻繁にあるからしんどかった印象です。

ビームスと別れて終わりかーい!w

ハイエボ1の最後はビームス夫妻と別れて終わりでした。もしかすると、アニメ版の展開と違ってビームス夫妻は死亡しない方向になるのかもしれないので、ハイレボ2ではそういった部分にも期待しています。

このあたりの設定をどうしていたのかパンフレットに書いてありそうだなーって思ってたのですが、売り切れで見れなかったのでハイレボ2までは我慢しようと思ってますw

アネモネのアイドル伏線が半端ない

ちょこちょこアネモネがアイドルっぽい感じで出てくるシーンがありました。可愛いからなんでもOKなんすけど、ハイレボ2でアネモネがアイドル役でばっちり出てくるんじゃないかな~と思っています。

アニメ版のアネモネと印象が違いすぎて違和感ありますけど、アイドル的存在はありだと思います。可愛いですしw

どちらにせよ、ハイエボ2も張り切って見に行こうと思ってます!

2017/9/30追記

新しいキャンペーンが9月30日(土曜日)からスタートしたので、これから劇場に見に行く方はアネモネが登場するシーンに注目しておくといいですよ!キャンペーンで出題される問題がわりと難しいので意識して観ないとわからない仕様になっています。

来場者特典(2周目)

2周目の来場者特典も1周目と同じでステッカーでした。4種類のうち1つシークレットが混じってて、それがアネモネちゃんなんですよね。欲しかった・・・

Ka`s(かーず)
ちなみに僕はエウレカのステッカーだったので一緒に見に行った相棒にあげちゃいましたw

来場者特典(3週目、4週目)

2017/9/30追記

2周目の来場者特典は4種類のステッカーでした。3週目と4週目の来場者特典には複製原画セットでそれぞれ貰える原画が違うようです。ちなみに原画セットは3枚セットになっていて描かれているキャラはそれぞれ以下のようになっています。

3週目

  • アドロック・サーストン
  • レントン
  • アネモネ(アイドルver)

4週目

  • エウレカ
  • ニルヴァーシュ
  • ノヴァク兄弟

まとめ

ハイエボ1はアニメ版と比較してもストーリーに大きな変更点はないし、やっぱり総集編という印象でした。ですが、冒頭のサマー・オブ・ラブのシーンはアニメ版にはない新たな内容だったのでそのシーンだけでも観る価値はあると思います。

結論:冒頭30分は必見モノ

ハイエボ1をみた影響もあって、エウレカを見直そうと思いました。Amazonプライムビデオで全話配信されてたのでこれから見返そうと思ってます。映画の総集編は妙な変更点が多かったので見返して確認してみるのもいいかな?って思いました!

 

アマプラでエウレカ観るならコチラからどうぞ!

>>Amazonプライムビデオを開く

Amazonプライムビデオのこと良く知らない方はコチラの記事でまとめてますので参考にどうぞ

>>『Amazonプライムビデオは本当にコスパ最強なのか?気になるメリット&デメリットまとめ!


©2017 BONES/Project EUREKA MOVIE

-レビュー, 映画
-, ,

Copyright© かーずのーと , 2018 All Rights Reserved.